高槻市|松のお手入れ|¥20,000

費用 20,000円

作業時間

年2回剪定

春頃 半日/2人

秋頃 半日/2人


作業内容 剪定

黒松1本

ゴミ代込み


お客様ご自身で剪定していたが、どう剪定すれば良いか分からなくなったので松のみ剪定をお願いしたいとご依頼いただきました

お電話でご依頼頂き、まずは現地調査しました

(もちろん 現地調査→お見積もりは無料で致します)

価格を提示後、ご納得ご了承を頂き作業をさせていただきました

こちらのお宅は全てお客様が植木の管理をされていまして

生垣のサザンカや、皐月の刈り込みなどは素晴らしく綺麗で感動

ごちゃごちゃ植木があるのではなく

お庭の中にはスペースもあり、足の踏み場がきちんとあり

家庭菜園のスペースもありウネを作って野菜を育てていました

ホントに素敵なお庭

全てに手が行き届いてきちんと管理されていました

ホントに素敵なお庭

で、今回ご依頼の松ですが

剪定前の松
剪定前の松

毎年手は入れている様でした

葉も色艶が良く枯れ葉もなく元気な松で

聞けば施肥もご自身でされていた様で

これはキマッた松にしたい

という事で作業開始

まずは今年に伸びた新芽切り

不要枝の切除を行います

間延びした枝や忌み枝が多かったので不要な枝は外します

こういう既存の松を改作しカッコ良くするには

恐らくお客様がびっくりするほど枝を抜きます(時期にもよりますが)

なので、どうしても穴が空いていたり不細工に見えたりします

ですがそれも一時的な事で。

結局不要な枝を残してても後々切るなら置いてても仕方がないかなぁと思います

一時的な松の樹形の審美性の為に後々には不要なのに残している枝

その不要な枝を残す事で、不要な枝に養分が送られてしまいます

だったら、不要な枝を早く切除して

これから樹形を作っていく枝に養分を送ってあげる方が

樹形作りには最短だと考えております

後々の仕上がりイメージに近づく最短経路で剪定していく方が

我々にとっても、お客様にとっても良いだろうと考えております

もちろんお客様にその旨をお伝えして了承のもと剪定作業を致しますが。

松剪定作業中

そして、不要な枝を抜き終わったら『黒松さん、良い芽が出てくださいね』と

心の中で願います。

5月〜6月くらいに新芽を摘むと2番芽もしくは夏芽が出てきます

以前説明した穴の空いたホースの先を止める原理です

そして当年の秋〜冬に剪定、古葉の揉み上げ作業をします

年2回管理

年1回の松の剪定よりサイクルが早くなるわけです

だから松は年2回が良いですよと言われます

松の樹形を維持するなら・改作するなら・枝数を増やしたいなら・短葉にするなら

年2回管理

剪定後の松
剪定後の松

棚の中に穴あきスペースがありますが

残した枝でさらに新しい枝を作って

棚を作っていきます

約3年みてもらえればある程度の形は作れます

お客様にもご説明し剪定作業をさせていただきましたが

大変喜んでいただき我々も感謝感謝

素敵なお庭 素敵なご夫妻でした

素敵なお庭には素敵な人

素敵な人には素敵なお庭

今回は弊社にご依頼頂きありがとうございました

これからの作業が楽しみです

『黒松さん、良い芽が出てくださいね』

植木屋・外構屋 アールガーデンワークス

R GARDENWORKS

関連記事一覧

  1. 西宮市赤松剪定
PAGE TOP